医療法人社団 山崎クリニック

産婦人科・内科・人工透析内科 医療法人社団 山崎クリニック|滋賀県東近江市山路町

HOME»  院長挨拶

院長挨拶

当院は産婦人科と透析施設との組み合わせという全国的にも珍しいクリニックです。

 平成15年7月15日山崎クリニックは能登川にて始動しましたが、最初は能登川地区でどのように皆様に貢献していけるのだろうかといろいろと模索をしていました。

 当時の湖東地区では分娩施設がどんどん消滅していきました。
それまでひとりの産科医の努力と助産師の多大な貢献により成り立っていた分娩環境でしたが、分娩施設への社会的要求(すなわち分娩に際しては複数の産科医と小児科医の立ち会い、当然ながら助産師数の確保というマンパワーの充足による安全性確保)に対応できる産院が非常に少ないため、分娩室をしめなければならなくなったからです。

 

院長挨拶

 

妊婦さんにとって湖東地区は分娩施設の過疎地区となり、安全な分娩施設までの通院は非常に遠くなってしまいました。
そこで分娩施設までの橋渡しができる産科が必要となり、平成17年2月17日当院は産婦人科を開設し、女性の生涯の健康管理をしていくとともに、妊婦健診をスタートしました。

 また当時近隣の透析施設は彦根と近江八幡と八日市にありましたが、透析患者さんは2時間くらい掛けてでも公共交通機関を使って自力で通院されていました。
透析導入時期は仕方がなくても、維持透析の段階となると通院だけでも大変な労力です。能登川は他の透析施設の真ん中に位置しており、維持透析患者さまの生活のお手伝いが出来ればとの趣旨で透析施設を平成15年10月20日に開設し、通院のお手伝いとして私的送迎サービスを開始しました。
少々遠方の方でも透析患者さまは、玄関に出るだけで透析ベッドまで行けるのです。当初透析ベッド5床から開始しましたが、すぐに満床となり、ベッド数を確保するため平成18年12月23日現在の場所へ移転しました。

 能登川は水車がシンボルマークであるように、きれいで豊富な水の都です。透析施設を作るのにふさわしい地区と思います。だから透析液を作る上水道も安心して利用できます。
移転に際しては産婦人科医目線でレイアウトや壁紙等の素材を選定し、優しい雰囲気の施設ができました。

 その昔は透析になったらもう一生の終わりと思われていました。現在透析患者さまは32万人を超え、約400人に一人は透析を受けている時代となりました。決して珍しい病気ではなくなりました。
透析機器もどんどん良くなり、透析を開始してからのほうが体が楽になり、食欲増進し活動的になられるひとが多いです。時間が制約されるためまだまだ雇用されることが困難な社会ですが、自営業や自宅での労働には制約なくこなされている方が増えております。私たちはそのような透析患者さまの生活支援が出来ればと日々努力しております。

 早いもので移転後9年が過ぎました。
地域の皆様に親しまれるようなクリニックとして今後も努力していきたいと存じます。皆様のご指導ご鞭撻の程何卒よろしくお願いいたします。

平成28年3月
医療法人社団 山崎クリニック
院長 山崎 吉範

 

お問い合わせ

お問い合わせ・ご予約 TEL&FAX:0748-42-1135